株式会社ライフチアーズグループ

会社紹介Company

会社紹介

Idea理念

社名の一部である“チアーズ”には、「応援する」「乾杯」という意味があります。
なぜ、このチアーズという言葉を社名に選んだのか。

それは、ライフチアーズは「體育(たいいく)※を通して人生を応援する」という理念を掲げているからです。
また、我々と出逢ってくれた方の健康をサポートすることで、その方の“人生の質”向上のお手伝いをし、「人生に乾杯!」したいと考えています。
ライフチアーズは、1人1人が自分の人生に責任を持って歩んでいくための土台となる体づくりを応援する会社です。
※「體」は「体」の旧字体です。

■ライフチアーズのミッション(価値観と世界観)

「体は一生の相棒であり、命を支える器」
これはライフチアーズが最も大切にしている考え方です。
何をするにも、体が整っていなければ思うようなパフォーマンスができません。
つまりライフチアーズのミッションは「出逢う人の基礎体力の向上」なのです。
ムキムキになるためのトレーニングを指す「鍛える」とは少し違います。

全ての生命に共通するのは、生まれる→成長する→生物的ピークを迎える→身体機能が低下する→死を迎える、というサイクルがあること。
当然人間にもそのサイクルがあり、人間においては20代前半が生物的ピークだと言われています。

谷 啓嗣

そのピークを過ぎた後で運動不足や食べ過ぎ・栄養バランスの偏り、睡眠不足、
ストレスなどが多い生活をすることで、体の基礎体力はどんどん落ちていきます。
結果、体調や体型の乱れ、病気を引き起こすことに繋がってしまうのです。
またこのような健康状態が続くと、体だけでなく心にまで悪影響を及ぼすことになります。

ライフチアーズが大切にしているのは、これらのリスクを低減すること。
つまり介護期間を短くし、健康寿命をいかに長くできるかということです。

誰にとっても、たった一度きりの人生です。
例えばどれだけお金があっても、健康を害してしまっては人生を楽しめません。
自分の足で歩き、綺麗な景色と出会い、美味しいものを美味しく食べられる。
そんな人生を歩むことこそが、人生の充実に直結するのではないでしょうか。

そして、上記のように充実した人生を歩むためには、自分の健康に責任を持てる「知識」と、「知識に基づく実践」が必要です。

しかし残念ながら、義務教育の中では体のことを十分に学ぶ機会が多いとは言えません。
健康に生きていくために「算数」や「国語」よりも重要と思われる「体」の分野が、医療従事者や我々のように健康を提供する者たちが学ぶ「専門分野」に分類されているのが実情です。

ですが最初に申し上げたように、体は一生付き合う相棒であり、命を支える器なのです。
その大切な体について十分な知識がないために、体型に悩む方や心が苦しくなる方、
病気や介護に悩むがたくさんいる現状、もったいないとは思いませんか?
学校で「国語・算数・理科・社会」を学ぶように、体の知識や教養をどこかのタイミングで学ぶ必要があるのではないでしょうか。
そして、この学ぶタイミングは早ければ早いほど、将来の健康リスクを低下させることに直結します。

「健康が全てではないが、健康を失うと全てを失う」という名言があります。
そうならないためにも、ライフチアーズは1人1人の自分らしい人生のため、健康の知識と実践を提供していきます。

谷 啓嗣



■「体づくりは人生の土台づくり」

誰もが、「こういう人になりたい」「これを叶えたい」という夢や目標を持っています。
しかし夢に向かう前から「自分では無理だ」と蓋をする人がいます。
一方、「自分ならできる」と諦めず挑戦する人もいます。
これは大きな違いです。挑戦しなければ、叶うことなどないのですから。

では、この違いはどこから来るのでしょうか?
一言で言うと、自信があるかどうか、です。自信とは、自分への信頼。
自信というと精神論で語りがちですが、実はこの自信を手に入れるために必要なのが、「体づくり」なのです。
自分の健康に不安があるのに、自信を持って夢に向かえますか?
体が思うように動かない自分を信頼できるでしょうか?

「体づくりは人生の土台づくり」
今からでも遅くはありません。
これから先の人生を実りある人生にするために、我々と一緒に体を鍛えましょう。

Profileプロフィール

谷 啓嗣

谷 啓嗣(たに けいじ)

1986年2月15日生まれ A型
香川県高松市出身
福岡大学スポーツ科学部卒業

株式会社ライフチアーズグループ代表取締役
パーソナルトレーニングジム レブルス代表

ベストジムアワード受賞のパーソナルジム レブルス代表。
自身もベストボディジャパン東京CP3位入賞の経歴を持つ。
著書「どんな人でも、ペタっと前屈!」がベストセラーとなり、テレビ番組 「ZIP!」でも取り上げられる。台湾でも翻訳出版が決定。

体操三昧の青春を送るも、17歳の時に腰椎椎間板ヘルニアを発症。
極度の座骨神経痛により体が全く曲がらなくなるが、偶然出会った運動療法と出会いヘルニアの症状を克服。インターハイや国体で決勝進出を果たす。

福岡大学体育学部卒業後は、イチロー選手や三浦知良選手のトレーナーを務めるオリンピックトレーナーのもとで技術を磨き、フィットネスジム・病院でのリハビリ・ 運動型デイサービス管理者を歴任。
2歳から105歳までプロアスリートやビジネスマン、要介護高齢者まで2,000名以上の指導に従事する。

2014年4月にスーツケースひとつ持って上京。
これまでの経験から「體育(たいいく)を通して人生を応援する」ことを理念にライフチアーズグループを設立。
「体が変われば人生が変わる」を世界中に広げることをミッションとしている。

詳しいプロフィールはこちら
http://tanikeiji.com/profile

Company's outline会社概要

会社名 株式会社ライフチアーズグループ
代表 谷 啓嗣(タニ ケイジ)
本社所在地 〒108−0075東京都港区港南4−1−10
リバージュ品川502
営業時間 9:00-18:00
定休日 不定休
GW、正月を除く
事業内容 パーソナルトレーニングジム運営
オンラインフィットネス事業
健康系webメディアの運営
健康食品の通信販売